【やさしい文法解説】これを読めば関係代名詞が分かる!

みんな大好き・関係代名詞を説明していくよ

この記事で分かること

・関係代名詞の使い方

・関係代名詞の主格・目的格の違い

関係代名詞

関係代名詞に苦手意識がある方、いらっしゃるんじゃないでしょうか。

でも難しく考えなくて大丈夫。

関係代名詞は「名詞を文で説明する文法」です。

平たく言えば、単語と文をくっつけるノリ・接着剤のような働きをします。

文の中に関係代名詞が出てきたら、それは「直前にあった名詞の説明を始めますよ」という合図なんです。

具体的に例をみていきましょう。

関係代名詞が使われた文の読み方

例 :I have a friend who lives in japan.

関係代名詞が使われている文でも、左から順に読んでいって大丈夫です。

I have a friend⇒(わたしには友達がいます)

whoが出てきたら「どんな友達なのかこれから説明しますよ」ということです。

lives in Japan⇒(日本に住んでいる)

これで文の意味は十分つかめますね。

日本語らしく訳す必要があれば、後ろから先に訳した方が良いとは思いますが、英文を読むだけならそんなことはしなくて大丈夫‥というかしない方が良いです。

可能な限り、英語は英語のまま理解するようにしましょう。

関係代名詞を使った文の作り方

今度は英文の作り方です。

二つの英文を用意しました。

例:I have a friend.

  He lives in Japan.

この文を関係代名詞を使って一つの文にまとめましょう。

1・どんな文にしたいか考える

例:I have a friend. He lives in Japan.

二つの英文を一つにまとめるとどんな英文になるか、日本語で良いので考えましょう。

例:私には友人がいる。彼は日本に住んでいる。⇒私には(日本に住んでいる)友人がいる。

ということで、目指すのは「私には(日本に住んでいる)友人がいる」という内容の英文です。

※「私の友人は日本に住んでいる」でもほぼ内容は同じなのですが、使用する動詞・文型が変わってしまいます。haveを使った「わたしには友人がいる」という元の文はそのままにし手説明します。

2・同じ人を指す語を見つける

例:I have a friend. He lives in Japan.

二つの文の共通点となる「同じ人を指す語」を見つけましょう。

今回は a friend と He が同じ人を指していますね。

例:I have a friend. He lives in Japan.

慣れるまでは、a friend と He に〇を付けるなど目印をつけるのがおすすめ。

3・関係代名詞に置き換える

例:I have a friend. He lives in Japan.

He をwhoに置き換えて、同じ人を指す語にくっつければ完成。

I have a friend who lives in Japan.

4・確認作業

最初に考えたゴール地点「私には(日本に住んでいる)友人がいる」と見比べてみましょう。

「私には(日本に住んでいる)友人がいる」

I have a friendwho lives in Japan.)

確認してほしいのは、この二点。

・( )でくくられた部分が対応していること

・説明される語(この場合はa friend)の場所。

 【日本語では(  )の後ろ・英語では(  )の前】に必ず位置しています。

ここがしっかりしていれば、まず間違いのない英文だといえます。

ちなみに、(  )の前の部分に関係代名詞は必ずいます。

主格の関係代名詞

I have a friend(who lives in Japan.)

( )の中で、whoは主語の働きをしています。

主語とは

1・「~は・~が」と訳される

2・文頭にあるもの

と思ってもらえばオッケーです。

主語の代わりをしてくれている関係代名詞なので、これは主格の関係代名詞とよばれます。

目的格の関係代名詞

今度は目的格です。

例を見てみましょう。

例:He is the singer. I have long wanted to see him.

訳すると大体こんな感じです。

訳:彼は歌手だ。私は彼にずっと会いたかった。

日本語で一文にまとめると

彼は(私がずっと会いたかった)歌手だ。

となります。

この「彼は私がずっと会いたかった歌手だ。」という文がゴール地点です。

同じ人を指す語を見つけよう

手順は主格の時と同じです。

前後の文で、同じ人を指す語を見つけましょう。

例:He is the singer. I have long wanted to see him.

今回は同じ人を指す語が三つになりました。

ここで役に立つのが、最初に考えた和訳です。

「彼は(私がずっと会いたかった)歌手だ。」

この(  )部分は「歌手」の説明をしていますね。

関係代名詞は「前に置いた単語について説明を始めるよ!という合図」なので、説明する語の直後にくっつけなければなりません。

ということで、the singer に関係代名詞をくっつけましょう。

関係代名詞に置き換えよう

例:He is the singer. I have long wanted to see him.

今回使う関係代名詞はwhoではありません。

なぜならhim は主語ではないからです。

himは「彼を・に」と訳される目的語です。

目的語を関係代名詞に置き換えるので、使うのは目的格の関係代名詞whomです。

(いつでも使えるthatでもオッケーです。)

※テキストによっては、「目的格でもwhoで可」としているものもあります。

例:He is the singer. I have long wanted to see whom

冒頭でちらっとお話ししましたが、「関係代名詞=ノリ・接着剤」です。

二つの物をくっつける働きをしてほしいので、文の間にいてくれないと困ります

なので、whomは文の間に移動します。

例:He is the singer whom I have long wanted to see.

the singer にくっついて完成です。

確認作業

最初に提示した、ゴールとなる日本文と見比べましょう。

「彼は(私がずっと会いたかった)歌手だ。」

He is the singer( whom I have long wanted to see).

【説明部分である(   )】

【説明される語 the singer・歌手

の位置関係をチェックして、正しい英文であることが確認できます。

まとめ

・関係代名詞は、単語と文をくっつける「ノリ・接着剤」の働きをする

・関係代名詞は「前に置いた名詞の説明をここから始めます!」という合図

手順はざっくり3ステップ

・【同じ人を指す語を見つける】⇒【関係代名詞に置き換える】⇒【くっつける】

・文頭にある語を置き換える⇒主格の関係代名詞・who

・文中にある語を置き換える⇒目的格の関係代名詞・whom

コメント

タイトルとURLをコピーしました