【やさしい英文法】三単現のSは主語の数で決まる!

英語の勉強

英語を勉強するとき、多くの人が最初につまづくポイントが「動詞に-sを付ける・付けない」の判断

いわゆる「三単現のS」ではないでしょうか。

この記事では

三単現のsが必要な場合・不要な場合

を解説していきます。

慣れれば難しくないよ

【三単現のSは不要?必要?】この原則を覚えよう!

三単現のsが必要なのは以下の時です。

・英文が現在形である

・主語がI・You以外の1人(1個)である

この2点をおさえておけばオッケーです

具体的に見ていきましょう。

I・Youで始まる文では動詞に-sは不要

例:I like a dog.

例:You like a dog.

I・You が主語の時には、動詞に-Sは絶対に付きません。

主語がI・You以外の1人の時は動詞に-sを付ける

例:He likes a dog.

例:The man likes a dog.

人数が大事!

1人だったらsを付けるんだ

主語が人でもモノでも動物でも、考え方は同じです

例:The dog likes him.

例:The cat has a long tail.

主語が複数の時は-sは付けない

動詞に-sを付けるのは、I/You以外の1人の時です。

主語が複数人の時は、動詞に-sはつけません。

例:We like a dog.

例:You and I like a dog.

こちらも、人間じゃなくても同じ考えでオッケーです。

例:The dogs like the man.

例:The cars have four doors.

確認問題

ここまでの復習です。

正しい動詞の形を選んでください。

例題1:The girls ( like / likes )a dog.

例題2:The girl ( like / likes ) a dog.

原則は「主語が I/You 以外の1人の時はsを付ける」だよ

解答

例題1:The girls like a dog.

The girls ということで女の子は複数人いることがわかります。

なのでsは不要です。

解答

例題2:The girl like a dog.

The girlは、女の子が1人です。

なのでs動詞にsが必要です。

まとめ

三単現のsの解説をしました。

覚えてほしい原則は

sを付けるのは

・英文が現在形の時

かつ

・主語がI/You以外の1人の時

覚えてしまえば間違えることはあまりないと思いますが、理解を定着させるためには反復練習が肝心です。

文法の反復練習は、英語学習アプリがおすすめ

初球の文法なら、Duolingoがおすすめです。

その他の文法アプリもこちらで紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました