【やさしい英文法】分詞構文の作り方を3ステップで簡単解説

Uncategorized

この記事では分詞構文を説明していくよ

いきなり ing とか過去分詞で文が始まるあれね。

うん。

こんな感じのやつ。

例1:Playing basketball, I got injured. (バスケをしていた時にけがをした。)

例2:Written in Greek, this book is hard to read.(ギリシャ語で書かれているから、この本は読みにくい)

分詞構文を使った文章が作れる・読めるように説明していくよ

現在分詞を使った分詞構文の作り方

まずは分詞構文を使った文章の作り方を説明するよ

基本はとにかく省略!です。

例:Because I was busy, I couldn’t go out.(疲れていたので外出できなかった)

この例文をつかって、分詞構文の作り方を説明していきます。

分詞構文を作るときはとにかく省略しまくる

3ステップで分詞構文を完成させます

ステップ1・接続詞を省略

Because I was busy, I couldn’t go out.

まずは接続詞(Because)をバッサリ省略します。

I was busy, I couldn’t go out.

ステップ2・主語を省略

I was busy, I couldn’t go out.

主節と従節の主語が同じなら、従節の主語も省略します。

従節=接続詞~コンマまでの部分

主節=コンマ以下の部分

と思ってもらえればオッケーです。

コンマで区切った前後の文を見比べて、主語が同じなら、先に出てきた主語を省略。

今回は主語がどちらも I ですので、最初に出てきた I を消します。

was busy, I couldn’t go out.

ちなみに、主語が主節従節で異なる場合は省略できないよ。

そういったパターンは独立分詞構文とよばれます。

ステップ3・先頭の動詞をing形にする

was busy, I couldn’t go out.

先頭に残った動詞をing形にします。

be動詞なのでbeingですね。

Being busy, I couldn’t go out.

完成です。

分詞構文の作り方まとめ

1・接続詞を省略

2・従節の主語を省略

3・先頭に残った動詞をing形にする

分詞構文の読み方

分詞構文を読むときは想像力を働かせよう

接続詞も主語も省略なんて乱暴じゃない?と思うかもしれませんが、結構分かるものです。

たとえば先ほど作ったこの文章。

Being busy, I couldn’t go out.

単語だけを拾っていくと「忙しい、出かけられなかった」って感じですね。

ちょっと想像すれば、【忙しい(理由)→出かけられなかった(結果)】という因果関係が想像できそうです。

また、分詞構文で省略する接続詞は大体決まっています。

この4パターンを押さえておけば、読解上で困ることはあまりないかと思います。

分詞構文が表す意味は、基本的にこの4パターン。

1・付帯状況「~しながら」

2・時間「~している時」

3・連続した動作「~して(それから)~する」

4・原因、理由「~だから」

因果関係が分かりにくい分詞構文の文章では、あえて接続詞が残されることもあります。

伝わらなければ意味がありませんからね。

分詞構文を見た時、省略された接続詞・主語がなんだったのかを考えてみると理解が深まるよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました