【多いのはどっち?】no more than と no less thanの違いを解説

英語の勉強

「比較」の文法って苦手なんだよね~

なんか紛らわしくない?

そんな君のために、今回はこの二つを解説するよ

・no more than~

・no less than~

ああこれね。

見たことあるけどすぐ忘れるやつ。

じゃあ、この機会に覚えていってね

no more than と no less than 多いのはどっち?

A: Taro got no more than 10,000 yen.

B: Taro got no less than 10,000 yen.

質問です。

AとB、どっちの方が太郎さんは多くのお金を手に入れたでしょうか?

う~ん

more は「より多い」less は「より少ない」

って意味だよね。

そうだね。

でも、今回は否定の意味を持つ no がついているよ

そうか。

じゃあ「「少ない(less)」が否定されているから、多いのはB!

正解は・・「両方同じ」でした!

なにそれ?なんで?

納得いくよう説明していくね。

ちなみに例文の和訳はこんな感じ。

A: Taro got no more than 10,000 yen.(太郎は1万円しか手に入れなかった。)

B: Taro got no less than 10,000 yen.(太郎は一万円も手に入れた。)

A・Bともに手に入れた金額は一万円。差はありません。

違いは「話し手が想定していたより多いか少ないか」という点です。

no =「まったく~ない」

先に no の説明をするね

ここが分かれば、今回の話は99%理解したも同然!

ご存じの通り、noは否定の意味を持つ語です。

さらに詳しく言うと、no more than ~の構文では程度を表す副詞として用いられています。

・no は程度を表す副詞

・形容詞の前において、後ろの形容詞を「まったく~ない」と否定します

※no は副詞だけではなく、名詞・形容詞としても使われることがあります。

「まったく~ない」という話し手の心情が表現されます。

日本語で考えてみましょう。

例えばこのセリフ。

A「わかりません」

B「まったくわかりません」

A・Bともに、伝える内容はほぼ同じですね。

ですが、Bの方が「マジでわからん!!」とう感情が伝わりますね。

「まったく~ない」という表現は「話し手の認識・感情を示唆するもの」と言えます。

no more than の考え方

A:Taro got no more than 10,000yen.

この no は副詞で、形容詞の前において形容詞を否定するんでしたね。

この例文では、後ろに続くmore than を否定します。

つまり、「一万円より多く」が否定されてしまいます。

(一万円より多いと思っていた)⇒一万円より多くない⇒たった一万円

という思考過程で少なさを強調する表現になるわけです。

そのため no more than は only (たった~)に置き換えることもできます。

no less than の考え方

一方のless than も同じように考えられます。

B:Taro got no less than 10,000 yen.

no の後ろに続くless than が否定されます。

つまり「一万円より少ない」が否定されるということ。

(一万円より少ないと思っていた)⇒一万円より少なくない⇒一万円(手にした)

数・量の多さを強調する表現です。

同じ意味の表現 as much as (~ものたくさんの量)に書き換え可能です。

「比較」って客観的に淡々としてるイメージだったんだけど

量についてどう思っているか」なんてことも表現できるんだね。

まとめ

今回の記事をまとめるとこうなります。

・no more than = only (たった~) 数の少なさを強調

・no less than = as many as (~も) 数の多さを強調 ※不可算名詞の時はas much as

英語のテキストにもよく書かれていますよね。

結論は変わらないのですが、「なぜこういう意味になるのか」という根本的な部分を理解すると、記憶に残りやすいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました