仮定法現在ってなに?例文を使ってざっくり解説

Uncategorized

仮定法現在とは

仮定法過去・仮定法過去完了はわかるけど、仮定法現在って何??

「現在・未来に関する不確かな想像」を述べる時に使われる用法の事だよ

なるほど、わからん。

具体例を見た方が分かりやすいかな。

こんな感じ。

例1:I suggest that Ann apologize to him.(アンは彼に謝るべきだと私は提案した)

例2:It’s necessary that he lose weight. (彼は体重を減らす必要がある)

例文では、that以下の部分(that節)の動詞が原形になっているよね

確かに、主語が単数なのに動詞にs

がついていないね

I suggest that Ann apologizes to him.

It’s necessary that he loses weight.

うん。

例文のように、主節の時制やthat節の主語に関わらず動詞を原形で使うっていうのが仮定法現在なんだ。

・仮定法現在とは「現在・未来に関する不確かな想像を述べる時に使われる用法。

・主節の時制やthat節の主語に関わらず動詞は原形で使う

最初に言っていた「現在・未来に関する不確かな想像」っていうのはどういうこと?

<br>

that節で表現されたことは「まだ実際には起きていない仮定の内容だよね」ってことだよ

攻略!仮定法現在

結局、仮定法現在ってどうしたらいいの?

実際のところ、特定の語でしか使わない用法なんだ。

だから、その特定の語を覚えれば大丈夫だよ。

ふ~ん。

なんか文法というより語法って感じだね。

まあね。

仮定法現在ってワードを使わないテキストもあるし。

まとめ

・仮定法現在は「提案・命令・要求を表す動詞」・「必要性・重要性を表す形容詞」につづくthat節内で使われる。

・この「提案・命令・要求を表す動詞」・「必要性・重要性を表す形容詞」を覚えることが大事。

提案・命令・要求を表す動詞

じゃあ、以下の動詞・形容詞を覚えよう

結構あるね・・

提案・命令・要求を表す動詞

demand 要求する

insist 要求する

order 命令する

recommend 勧める

suggest 提案する

propose 提案する

require 必要とする

request 頼む

こんな風に使います。

S request that S’ do.( SはS’がdo するよう要求した。)

request の部分は、一覧にある他の動詞に置き換えられるんだね。

例:The doctor recommended that I quit smoking.(医師は私の禁煙をすすめた)

that 節の動詞の前にshouldを置くこともあるよ。

これでもオッケー。

例:The doctor recommended that I should quit smoking.

必要性・重要性を表す形容詞

必要性・重要性を表す形容詞

desirable 望ましい

important  重要な

essential 不可欠な

necessary 必要な

こんな感じで使います

It’s important that S do.(Sがdoすることが重要だ)

importantの部分は一覧の他の形容詞に置き換えられるんだね。

例:It’s important that he get up early.(彼が早く起きることが重要だ。)

should を使ってもオッケーです。

It’s important that he should get up early.

ちなみにthat以下を否定にしたい場合はこうなります。

例:It’s important that he not get up early.

コメント

タイトルとURLをコピーしました