【やさしい英文法】seemの使い方解説・seem toとseem that は主語で使い分けよう

Uncategorized

例:He seems that he is proud of his son.

「彼は自分の息子を誇りに思っているようだ」・・って内容の英文ですが

これ文法的には誤りなんです。

 この記事を読めば「なぜこれが誤りなのか」「正しくするにはどうしたら良いか」が分かるよ

この記事で分かること

seem to / seem that の使い分け

例文の解答

まずは、さっきの例文の誤りを訂正した英文をご紹介します。

It seems that he is proud of his son.

He seems to be proud of his son.

(彼は息子を誇りに思っているようだ。)

※2パターンのどちらでもオッケーです。

なんでこうなるかは、最後まで読んだら分かるよ

【It seems that S V】を暗記しよう

seemを使いこなすためにまずすべきこと・それはこれ↓の暗記です。

It seems that S V.(SはVのようだ)

数学の公式のように、これを丸暗記してください

S=主語・V=動詞です。

これを使った例文をいくつか見てみましょう。

現在形のパターン

例:It seems that Judy is a teacher.

ジュディは教師をしているらしい。

例:It seems that he likes a dog.

彼は犬が好きらしい。

過去形のパターン

It seems that S V.(SはVのようだ)

のVは過去形にもできます。

例:It seems that Judy was a teacher.

ジュディは教師をしていたらしいよ。

例:It seems that he liked a dog.

彼は犬が好きだったらしいよ。

It seems that S V の組み合わせは厳守

大事なポイントがあります。

それはIt seems that という組み合わせは代えてはいけないということ。

NG例

She seems that SV

There seems that SV

It は他の語に置き換えられないよ!

一番最初の例文が誤っているのはこの点でした。

It seems that の使い方まとめ

ここまでのおさらいです

It seems that S V.(SはVのようだ) を覚える。

It は他の語に置き換えてはだめ

【補足説明】仮主語・意味上の主語

ここでIt seems that S V.(SはVのようだ)It について補足しておきます。

このItは「それは」と訳しません。

このようにただ置いてあるだけの主語を仮主語(かりしゅご)と呼びます。

それに対して、実際に文章の中心となっている主語を意味上の主語と呼びます。

例:It seems that he is proud of his son.

仮主語⇒It

意味上の主語⇒he

S seems to do の文章の作り方

S seems to doという表現パターンの作り方もみてみましょう。

基本となるのはさっき覚えたIt seems that S V.(SはVのようだ)です。

仮主語を意味上の主語に置き換える

S seems to do という文を作る作業は

この「意味上の主語」を文頭に置く(=Itに置き換える)

ということです。

具体的に見ていきましょう

seem to do の文の作り方

例:It seems that he is proud of his son.

It の代わりにHeを置くとこうなります。

He seems that  is proud of his son.(未完成な文)

さらに、主語が It でなければ It seems that S V. の形はつくれませんのでthat も消えます。

He seems  is proud of his son.(未完成な文)

”is proud of his son ”が主語のない状態で取り残されてしまいました。

ここで不定詞の登場です。

不定詞は欠けた主語の代わりをすることができます。

He seems to is proud of his son.(未完成な文)

不定詞は【to + 動詞の原形】

ですから is は原形に直します。

He seems to be proud of his son.

これで完成です

書き換え例

It seems that の文をseem to do の形にした例を紹介します。

例:ジュディは教師をしているらしいよ

It seems that Judy is a teacher.

Judy seems to be a teacher.

例:彼は犬が好きらしいよ。

It seems that he likes a dog.

He seems to like a dog.

seem to do の使い方まとめ

基本は 【It seems that S V.(SはVのようだ)】!

これをseem to do という形に変形していきます。

手順

1・It を意味上の主語に置き換える

2・主語がItではないときはthatは消える

3・欠けた主語の代わりに不定詞を置く

一旦理解できたら、こちらのパターンも機械的に S seem to do と丸暗記でオッケーです。

仕組みが分かっていると覚えやすいよね

S seems to have 過去分詞 のパターン

seem to do・ It seems that の使い分けを説明してきました。

最後にもうひとつ例を挙げたいと思います。

過去形のパターンもちょっと説明しておきます

例:It seems that Judy was a teacher.

ジュディは教師をしていたらしいよ。

これは前に紹介した例文です。

「この文をseem to do で表現したときにどうなるか」を見てみましょう。

結論はこれ

Judy seems to have been a teacher.

不定詞の後ろが現在完了形になります。

この文章は「~していたらしい」と過去のことを現在の話題にしていますね。

このような時間差は完了形であらわされることがあります。

これは動名詞などでも共通する考えなので、ちょっと頭に入れておくと役立ちます。

まとめ

「~のようだ」という文は

・It seems that S V

S seems to do

と二通りの書き換えが可能。

ただし 主語が It 以外の場合は that は使えない。

過去の事を表現する時には

S seems to have 過去分詞 という形になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました