英語の長文が読めない人必見!長文読解の勉強方法

Uncategorized

長文読解のために足りていない力は何か?

長文が読めない原因は大きく分けてこの3つです。

1・単語力の不足

2・文法知識の不足

3・単語力と文法力を長文読解で応用させる力の不足

順番に見ていきましょう。

1・単語力の不足

英文を読むためには、ある程度の単語暗記は必要不可欠です。

目的に合った単語帳を一つ用意しておくことをおすすめします。

例えば、英検を受験するならpass単


TOEICを受験するなら金のフレーズ


単語暗記のアプリもおすすめです。

イチオシはmikanです。

【教材の豊富さ・操作性の良さ・基本無料】と三拍子そろっています。

こちらの記事で単語アプリを紹介しています。

派生語を味方につけよう

単語を覚えることは必須です。

しかし、完璧を求める必要はありません。

どんなにたくさん英単語を覚えても、分からない単語は必ず出てきます。

そこで必要なのは類推する力です。

ちょっと例を挙げてみましょう。

【large=大きい】ですね。

では、これはどういう意味の単語でしょうか

【enlarge=?】

この単語をよ~く見てください。

largeが入っていますね。(enlarge)

ここから、「【大きい】に関係する語かな」と推測できますね。(【enlarge=大きくする】です。)

単語帳・辞書に載っている【語幹・派生語】に注目してみて下さい。

2・文法知識の不足

「単語がわかれば英文も大体わかるんじゃない?」なんて言う人もいますが、英文が複雑なものになればなるほど文法理解が重要になります。

文法は、速く正確に読むには不可欠な要素です。

とはいえ、やはりこちらも深追いは禁物。

最低限の文法知識は必要ですが、それだけで長文は読めないのが難しい所です。

学んだ文法を英語長文に当てはめて理解していく練習が必要になります。(次の項目で扱います)

英文法の参考書には、こちらのEvergreenがおすすめ。

説明が細かすぎず浅すぎず、適度な深さです。


簡単な練習問題・例文が豊富に掲載されています。

例文を暗記するくらい読み込めば、文法では困らないレベルになると思います。

3・単語力と文法力を長文読解で応用させる力の不足

単語力・文法力が備わってはじめて、英語の長文で練習する段階になります。

多くの人がこの段階での練習をおざなりにしてしまっています。

逆に言えば、ここをしっかり練習すれば英語長文は読めるようになる!ということです。

練習方法はいたってシンプル。

和訳と反復練習です。

和訳を徹底練習する

英文を正しく日本語に訳す練習です。

※訳が合っているか答え合わせをする必要があるので、正確な和訳が備えられている英文を用意して下さい。

英文を速く読むためには英語を英語のまま理解するのが一番ですが、まずは母語である日本語にしっかり直して理解できているか確認しましょう。

ちなみに、一目で意味が分かるレベルの英文はスルーしてください。時間の無駄です。

ちょっと難しいくらいの英文を日本語に訳しましょう。

英文に慣れている人なら、頭の中で訳して一文ごとに和訳と見比べるのでもオッケーです。

英語初心者の方は、書き出した方が良いでしょう。

同じ長文を繰り返し読む

英語長文を和訳し答えを確認しました。

次は、同じ英文をもう一度読み直します・・回数は何度でも。

可能であれば、日本語訳から英語文を逆再生できるまで繰り返すと良いですね。

音声付きの英文であれば、シャドーイングもすると完璧です。

大切なのは読みっぱなしにしないこと

長文練習というと「とにかく数をこなす!!」となりがちです。

ですが、英語長文を読む力をつけるには反復練習がとても大事です。

「早く別の長文に進みたい」と焦る気持ちはあるかもしれませんが、じっくり一つの英文を繰り返すことが読解力向上の近道です。

まとめ

英語長文を読むための勉強方法をご紹介しました。

英語講師として多くの受験生を見てきた経験から言えるのは「みんな、いくら言っても長文を繰り返し練習しないんだよなあ・・」ということです。

読みっぱなしで次に進んでしまう人の何と多いことか・・。

【基礎単語・文法を身につけた上で長文を反復練習する】

絶対効果が出ますのでお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました